HOW TO(加工編 ディテールの解説 基礎編(目消し&スジ彫りの一手間)

目消しの基本

接合面の跡を消す事を「目消し」と呼んでいますが、今回は面倒な部分を初心者の方々に分りやすく書いておきます!!ほんの一手間が、全ての作業の「ミソ」となるので心して読んでいただき、参考にしてください!!左の画像の2種の目消しの違いから覚えてもらいたい事は、「目消し」に邪魔になる部分は切り飛ばして欲しいと言う事です、今回の場合は上から被さる装甲の「受け」の端を数ミリ切り、出来るだけヤスリを水平に削る工夫です、これを応用すれば、装甲部に目消しがある場合でも邪魔なでっぱりは予め削り後から復元した方が、手間がかかりません!凹凸のある面の処理は、しっかり分ける事が時間短縮の「ミソ」と覚えましょう!!

目消しを接合ラインに変える

この加工は、簡単な作業で目消しを行う「ライン彫り」を紹介します!目消しの真上から、ノコや目立てヤスリを使用して「スジ彫り」よりも太いラインを彫り、見てる側にあえて接合部を強調するやり方です、ただし、場所が限定されるテクなのでやたら乱用しませんように!「あってしかるべき場所」に施すのが重要なので、彫った後にバイスでビス後などいれても質感があがるでしょう!友人のカイン氏のブログにあるように、機械の装甲の張り合わせのラインは一定では無く、部分で太さを変更する事で出来上がりから「用途」を判別させる事も想像しながらやると一興である!

MGの新基準と目消し

最近、MGの進化が激しく装甲の接着面が無い!とお考えの皆様へ、実は無くなった、、、は誤解で新基準に移行したとお考えください!画像は、装甲の繋ぎ(差込部)の2種を紹介しております、、、、左は、よく見る一般型で繋ぎにプラ板を張り、隠すやり方なんですが右がn.bloodの考案する新基準の目消しを取り入れた見せ方です!ビギナーの方々は2種の違いをよくご覧ください!!張って見せた場合、メンテナンスを現実に考慮した場合、兵器向きではないと私は、思いました、、、自分的には「新基準」をお薦めいたします!「隠す」〜「見せる」と言う、視点と思考の変換による目消しです。

どこを削り加工するのか

2つのパーツに黒ラインで分りやすくマーキングしておきました!!赤いかかとは黒いライン部をななめに彫り、傾斜をつけておきます、上から刺す白いパーツには、ラインに沿ってスジ彫りをけがきます、ついでに0.3のバイスでビス跡を数箇所お好みで開口しておきましょう!

着色前の画像
いかがでしょうか?接合部がより自然に見えると思いますが?!自分的には、べたべたプラ板を張る最近の「流行」よりもこう言う処理のほうが、好みです、またここまでMGが進化してきたのも作り手の技術の向上のフィードバックによるところが大きいと感じております、新しいMGには新しい解釈による施工を推薦したくあえてここに掲載させていただきました、ちなみにアンクルサポーターや、甲なども全てこの技法を使用しております!!参考までに「差込部」を金属色で塗装されますと一段とリアルになりますので、お試しください!

n式スジ彫り法

まぁ、n式といいつつも特別な方法では無く、うちではテンプレートを直接、アロンで固定してけがいていく方法を推奨しています!テンプレは0.5ミリのプラ板を必要枚数そろえて、万力に挟み欲しい形状をヤスリ出します、それを瞬着で貼り付けて画像のように彫っていきます!簡単でしょ!!はがした跡もどうせやするので、手でおさえるなんて必要なし、ただ、張る時に注意が必要なだけですから、、、、

スチールウールでの掃除

ここが、「ミソ」です!彫り終えてテンプレを剥がした後、600番でやすりスチールウールでけがいた「淵」を綺麗にそぎ落としておき細かな繋ぎのダメ部分をあぶり出します、画像でマーキングした部分が彫りの甘い部分です!

角に一手間!

1番大事な作業です、繋がりの甘さはラインの不均一をしめしており、見た目にも大変見苦しいので、けがき直すのですが、この時にはみ出しを防止する為、ダイモテープを使用しています!ただ、ここはマスキングテープの重ね張りでも十分です、ともかくスジ彫りの際、「エッジ」がきつく出るように気をつけます!!以上で「スジ彫り」完了なんですが、ビギナーの方はいきなりやるのでは無く、ジャンクパーツで何度か試し彫りをして本番に望むのが失敗を最小限に抑える「ミソ」ですのでお忘れなく!!

 

.