HOW TO(加工編 ☆ディテールの解説 エンスージアストへの道

ガンダムの顔パートU

ディテールの解説3でやった頭部の解説が不評でして、、、、なんで?
そうです、皆さん「画像が小さく見ずらい」等言った意見をいただきました、ありがとうございます、、、、と、言ったわけで急遽撮影し直しました
どうでしょうか?かなり見やすくなっていると思うんですが、、、、まぁ、よく見ていただいてもあまり参考になりますかどうか???

パック内ディテ工事完了!

ではいよいよ「エンスージアスト」編スタートです、まず前回からの続編でして強引なダイエットにより激薄化したバックパック本体なのであるがこの中が「ボーズ」なのは困るなぁ、って事で内壁にディテールを追加するわけなのだが、何分中にはエンジンが入る為もう一皮薄くしようとノミで削っていたら、さすがに限界だったらしく側面が破れて見事に指にノミがハードキス、、、皆さんも度を越えたダイエットには十分注意をしてください(って俺がダメじゃん!)お陰様で0.2ミリプラ板を使用した見事な壁面が完成!そして人差し指には見事な刺し傷が、、、、

インゴットによる刻印

ご覧いただいているパーツはノズル基部の連結用ブリッジでして、ここに彫金用のインゴットを使用してマーキングしていきます。はい、このインゴット、、、非常に高価です、ですのでご覧いただいてる皆様の中で少し病的なマニアの方だけにお薦めします、何分数字とアルファベットの2種を購入しないと意味をなさないやっかいな器具でありまして、、、、ホントめったに使えないクセにやたら高いのです、あげくかなりプラ板で練習してからでないと購入後即は使用不可能と言うオマケまでついてきます、打つ板に下書きのラインを入れたくらいではとても使えません、私も何か良い手はないか現在思案中です。

ブリッジのアップ

こうして難産のもと無事刻印を終えたブリッジ達です、こんくらいアップにしないと文字が見えないんですが、そこそこの雰囲気はでます、、、今回はL,Rと数字だけですが、おしゃれにAEと入れてみてもおもしろいでしょう、、、、ただ、ハンマーで引っぱたく為しっかり合わせてもかなりずれてしまうのである、、、、これが手作業の良い味でもあるがやはり水平に等間隔でキレイに打つにはかなり熟練しないと無理らしい、、あっ!これじゃ「HOU-TO」じゃなくて工具レビューになってしまう!!

使用パーツ一式

では、本気モードで「HOU-TO」を、、、、ノズル基部の組み立てに使用されるおもなパーツを並べてみました、茶色の上にある豆粒みたいなのは0.5ミリ真鍮パイプの輪切りで0.3刻みくらいでカットしてあります、その横の0.3の針はインセクトピン(虫ピンね)で、細いスプリングはコトブキヤの1ミリの物、丸く曲げた真鍮線はスプリングの繋ぎ用で0.5ミリです、その上に被せる繋ぎ隠し用の真鍮パイプは、これも多分コトブキヤの外形1.3のパイプです、参考までに切り出した真鍮パイプ及びプラ板パーツの総数は約180パーツ位です。

インセクトピンとブラスパイプの接続

いよいよ、仮組みも終わりノズル基部の組み立てに入ります、アップでご覧いただいた通りブリッジには、あらかじめ0.3ミリドリルによって穴が開口されており、ここにインセクトピンを通しながらその間に真鍮パイプを瞬着で止めていきます、話が前後して申し訳ないが、上の画像でピンバイスの先に0.3の洋白線の先を潰した器具が写っていると思うが、それを使って瞬着で止めます、ちなみにご存知かと思いますがこういった極小のパイプ等はピンバイスに挟みカッターで回しながら切断します、勿論無くなる分も含めて多めに用意する事!

サービスショットU

では、塗装が済んだノズル基部をご覧いれましょう!!あっ!言い忘れたが、当然塗装後に組み立てています、なぜあんなに細かくパーツ分けして製作するのか?この塗り分けの為なんですが、微妙にパーツ毎に色違いのトーンを出しています、、、、重要なカギはあまり、はっきりと色分けせず基本色にクリアー系カラーで部分わけしていく事、はっきり塗り分けちゃうとマンガっぽくしかも技術的には一昔前っぽくなってしまいます、よ〜く本物の色々なエンジンを見て各自研究されてみてはいかがでしょう?この後パイピングしていくんですが、今からわくわくしてます!!では、次回からそろそろ腕とか足とかやらないと間に合わなくなるので、、、がんばります!!

 

.