amazonでペイペイは使えない!?電子マネーでの支払いやお得なやり方を大公開!上手にお買い物してハッピー!

Amazon(アマゾン)でのお買い物の際、PayPay(ペイペイ)が使えるのか?

PayPay(ペイペイ)以外の電子マネーも使えるのか?

気になりますよね!

残念ながら、Amazon(アマゾン)でPayPay(ペイペイ)支払いはできません。

しかし、PayPay(ペイペイ)で支払うよりも、お得な方法があるのは知っていますか?

私も、少しでもお得にお買い物がしたいので、色々と調べてみました。

Amazon(アマゾン)の支払い方法とお得なやり方を徹底解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

Amazon(アマゾン)でPayPay(ペイペイ)は使えない!

残念ながら、現在(2022年3月10日時点)、Amazon(アマゾン)でのお買い物の際、PayPay(ペイペイ)を使って支払いを行うことはできません。

また、Amazon(アマゾン)での支払い方法をコンビニ支払いにして、コンビニで、PayPay(ペイペイ)を使って、支払うこともできません。

コンビニ支払いの場合は、基本的に現金のみです。

ただし、セブンイレブンだけは例外で、現金に加えて、nanaco(ナナコ)を使って支払いをすることができます。(nanaco(ナナコ)ポイントは付きません。)

コンビニ支払いの場合、なぜ、現金以外で支払うことができないの?

そう思われた方のために、補足しますね。

コンビニは、Amazon(アマゾン)などの事業者から手数料をもらって、収納代行を行っています。

しかし、PayPay(ペイペイ)で支払いを行ってしまうと、PayPay(ペイペイ)(発行元の会社)に手数料を支払わなくてはいけません。

すると、コンビニがもらえるお金が減ってしまいますよね。

コンビニ側からすると、より高い額の手数料をもらいたいと思うのは、当然ですよね。

これは、PayPay(ペイペイ)だけに限らず、クレジットカードや交通系ICカードなど、現金以外であれば、すべてに言えることです。

セブンイレブンで、例外的にnanaco(ナナコ)が使えるのは、自社で発行しているからです。

自社で発行している場合、手数料がかかりません。

Amazon(アマゾン)の支払い方法

Amazon(アマゾン)でお買い物をする際の支払い方法は次のとおりです。

Amazon(アマゾン)の支払い方法
  • クレジットカード決済(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)
  • デビッドカード決済
  • プリペイドカード(LINE Payカード、キャッシュ、au PAY プリペイドカード、dカードプリペイド、ソフトバンクカードなど)
  • 電子マネー決済(楽天Edy、Suica ID、JCB PREMO)
  • QRコード決済・スマホ決済(d払い)
  • キャリア決済(docomo(ドコモ)、au(エーユー))
  • ATM決済(ペイジー)
  • コンビニ決済(セブン‐イレブン・ローソン・ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス、ヤマザキデイリーストア、デイリーヤマザキ、スリーエフ、セイコーマート)
  • Amazon(アマゾン)ギフト券決済・Amazon(アマゾン)コイン決済・代金引換 ※手数料がかかる
  • Paidy(ペイディー)翌月払い ※手数料がかかる
  • ネットバンキング決済(住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、じぶん銀行) ※手数料がかかる
  • Amazon(アマゾン)ポイント決済

キャリア決済とは、各携帯電話のキャリアのIDとパスワードを利用して支払いを行うことができる、決済サービスのことです。

このように、Amazon(アマゾン)で使えるスマホ決済は、現状、d払いのみです。

手数料がかかってしまう、代金引換やPaidy(ペイディー)翌月払い、ネットバンキング決済は避けるのが良いでしょう。

支払い方法は分かったけど、ぶっちゃけ何が1番お得なの?

そう思った、そこのあなた!

安心してください。

1番お得な支払い方法を次で紹介しますね。

Amazon(アマゾン)でのお得な支払い方法

Amazon(アマゾン)でのお買い物の際、PayPay(ペイペイ)は使えませんが、落ち込む必要はありません。

実は、PayPay(ペイペイ)の還元率は下がってしまい、現在の還元率は0.5%と低いんです。

PayPay(ペイペイ)の還元率を上げるには、月50回の利用、さらには、月10万円を使う必要があります。

そのため、仮に、Amazon(アマゾン)での支払いに、PayPay(ペイペイ)が使えるようになったとしても、基本的にはおすすめしません。

還元率の低いPayPay(ペイペイ)を使うよりも、還元率1.0%以上のクレジットカードの方が、断然お得です!

Amazon(アマゾン)で1番お得な決済方法は、ズバリ!「オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド」です。

なぜなら、ちょっとした裏技で、常に還元率2.5%という驚きの還元を受けることができるからなんです。

裏技を紹介しますね。

まず、「オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド」の還元率が1.0%です。

それに加えて、「オリコモール」という専用サイトを経由することで、還元率が+1.5%アップします。

これで、合計2.5%還元というわけです。

ちなみに、経由といっても、とてもカンタンですよ。

Amazon(アマゾン)でのお買い物で「オリコモール」を経由する方法

手順① 「オリコモール」と検索し、「オリコモール」の公式サイトを開く

手順② 「オリコモール」のサイト内の検索欄に、「アマゾン」と入力し、検索ボタンを押す

手順③ 下の方に表示される「ショップサイトへ」というボタンを押す

とても簡単ですよね!

この、裏技は、Amazon(アマゾン)以外でのお買い物の際にも使えますので、上手に活用してみてください。

Amazon(アマゾン)以外のサイトはPayPay(ペイペイ)が使えるのか?

Amazon(アマゾン)は、PayPay(ペイペイ)が使えなかったけど、そのほかのサイトでPayPay(ペイペイ)が使えるのか、気になりますよね。

PayPay(ペイペイ)が使えるサイトと使えないサイトをまとめましたので、参考にしてみてください。

PayPay(ペイペイ)が使えるサイト

PayPay(ペイペイ)が使えるサイト
  • ZOZOTOWN(ゾゾタウン)
  • Yahoo!(ヤフー)ショッピング
  • ヤフオク!
  • PayPay(ペイペイ)フリマ
  • PayPay(ペイペイ)モール
  • ショッピーズ

PayPay(ペイペイ)が使えないサイト

PayPay(ペイペイ)が使えないサイト
  • Amazon(アマゾン)
  • 楽天市場・ラクマ
  • mercari(メルカリ)
  • BUYMA(バイマ)
  • coconala(ココナラ)
  • au PAY(エーユーペイ)マーケット

このように、PayPay(ペイペイ)は、SoftBank(ソフトバンク)グループのECサイトやZOZOTOWN(ゾゾタウン)で、利用できることがわかります。

オンライン決済は、競合も多いので、導入が難しいのかもしれませんね。

しかし、最近では、タクシーアプリのDiDi(ディディ)やオンラインフード宅配サービスのUber Eats(ウーバーイーツ)、出前館などでも、オンライン決済ができるようになりましたよね。

オンライン決済ができるお店は、どんどん増えている印象です。

補足

利用している人が多い、クレジットカードやデビットカードなどは、オンラインとオフラインの両方で利用できるようにしている事業者が多いです。

また、QRコード決済の中で、最も利用されているPayPay(ペイペイ)は、2020年4月にオンライン上でも決済が行える「PayPay(ペイペイ)オンライン」をリリースしているので、今後ますます利用率は伸びることでしょう。

まとめ

  • Amazon(アマゾン)でPayPay(ペイペイ)は使えない
  • Amazon(アマゾン)でお買い物をするときは、「オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド」で支払う+「オリコモール」を経由するのが1番お徳!
  • ZOZOTOWN(ゾゾタウン)やYahoo!(ヤフー)ショッピングはPayPay(ペイペイ)で支払うことができる

これから先、Amazon(アマゾン)にPayPay(ペイペイ)が導入される可能性は、十分に考えられます。

消費者としては、お買い物のサイトによって、お得な決済サービスを使い分けていく、キャッシュレスリテラシーを身につけていきたいものですね。

  • URLをコピーしました!

最新記事

目次
閉じる