btsの作詞作曲はメンバーがしているのか?作詞作曲は日本人?振り付けは誰がしているのか?気になる真相を徹底調査‼︎

btsは韓国の7人組ヒップホップグループです。正式名称は防弾少年団。韓国ではバンタンソニョンダンと発音されることから略して『バンタン』と呼ばれています。

日本では2014年にデビュー、その後世界で人気のグループとなりました。この記事を最後まで読んでいただくことで、世界的に人気のあるbtsの作詞作曲は誰がしているのか?が分かりますので是非最後までご覧になってください。

それでは早速紹介していきます。

目次

btsの作詞作曲はメンバーがしているのか?

btsは数々の人気の楽曲を配信していますが、その気になる歌詞や作曲はメンバーがしているのか?誰がしているのか気になるところですよね?そこでbtsの作詞作曲の内容について調査してみました。

MVの再生回数が多い上位5曲を順に紹介

  • MV再生回数第1位

再生回数第1位は『DNA』。こちらはアルバム『LOVE YOURSELF承Her』のナンバーでアメリカ進出のきっかけになったと言われています。そのMVの再生回数は脅威の14億回以上となっています。

そんな『DNA』ですが、作詞作曲は誰がしているのか?というと、作詞作曲共にPdogg、”hitman”bang、KASS、Supreme Boi、SUGA、Rap Monsterとなっています。メンバーからはSUGAが関わっていることが分かります。

  • MV再生回数第2位

再生回数第2位は『Boy With Luv。アメリカの人気歌手のホールジーとの作曲コラボでも話題になりました。こちらもDNA同様に再生回数14億回を上回っています。

『Boy With Luv』の作詞作曲はPdogg、RM、”hitman”bang、Melanie Joy Fontana、Michel”Lindgren”Schulz、Emily Weisband、SUGA、j-hopeとなっています。メンバーからはRM、SUGA,j-hopeが入っています。

  • MV再生回数第3位

再生回数第3位は『Dynamite。一度は聞いたことがあるDynamite。グラミー賞も受賞している人気のナンバーです。その再生回数は13億回となっています。作詞作曲はイギリスのシンガーソングライターのDavid Stewart とJessica Agombarです。Dynamiteはメンバーは作詞作曲には関わっていないということです。

  • MV再生回数第4位

再生回数第4位は『MIC Drop(steve Aoki Remix)。こちらは曲名にもある様に世界的に有名なDJプロデューサーのスティーブ・アオキによるリミックスバージョンとなっています。作詞作曲はPdogg、Supreme Boi、バン・ジヒョク、J-hope、RMとなっています。メンバーからj-hopeとRMが関わっています。こちらの再生回数は11億回となっています。

  • MV再生回数第5位

再生回数第5位は『FAKE LOVE。直訳すると偽りの愛という意味で、まさにその様な内容の歌詞となっています。こちらの作詞作曲はPdogg、HITMAN BANG、RMとなっています。再生回数は10億回以上となっています。

以上がMV再生回数上位5曲の作詞作曲となります。

btsの作詞作曲は日本人?

ネットでbtsの作詞作曲と検索すると、日本人がしているのでは?という気になる情報について調査してみました。

結論、日本人も作詞作曲に携わっている。

日本での10thシングル『Lights』は日本オリジナル楽曲となっており、作詞はSUNNY BOYとYohei、作曲はUTAとYohei、ラップアレンジはKM-MARKITと日本のヒップホップ界の有名どころが曲の制作に携わっています。

また、別の曲『Film out』では、日本の人気アーティストのback numberが楽曲制作、プロデュースしたことでも話題となりました。

他、日本の作詞作曲家で安室奈美恵、嵐等の楽曲制作も手がける岡嶋 かな多が作詞作曲したbtsの『Crystal Snow』は世界17カ国でシングルチャート1位を獲得しています。

この様に日本人もbtsの作詞作曲に関わっている案件がいくつかあることが分かります。

btsの噂の楽曲『アイドル』の作詞作曲について。

これまで、btsの作詞作曲について紹介してきましたが、この噂の楽曲『アイドル』は誰が作詞作曲しているのか?についても紹介していきます。

『アイドル』が噂の理由

噂の理由についてはbtsが国連で『自分自身を愛そう』と暴力や抑圧に抵抗する人たちを応援する演説が話題になりました。その演説の内容がこの『アイドル』の歌詞にある様に、自分自身を愛そう、自分に自信を持とうといった内容であることから話題の曲となりました。

『アイドル』の作詞作曲は誰?

『アイドル』の作詞作曲はPdogg、Supreme Boi、hitman bang、Ali Tamposi、Roman Campolo、RMが手がけています。その再生回数は10億回を超えています。

btsの振り付けは誰がしているのか?

これまでbtsの作詞作曲について紹介してきましたが、気になる振り付けは誰がしているのか?というところについても紹介していきます。

btsの振り付けは韓国のソン・ソンドゥクが主となっています。btsのデビュー前からメンバーに振り付けを教えてきた方です。ソン・ソンドゥクはダンスの実力とパフォーマンスの構成が好評で、数多くのアイドルグループの振り付けを行ってきた人物です。

他にも『DOPE』や『FIRE』といった楽曲は世界的に有名な振付師であるKeone Madridによるものです。

まとめ

以上いかがだったでしょうか?btsの作詞作曲についての詳細を紹介してきました。この記事を読み終えたあなたはbtsの作詞作曲について語れる様になっているのではないでしょうか?

  • URLをコピーしました!

最新記事

目次
閉じる