生島マリカがTwitterで公表した西原理恵子と娘との関係や、両親、 公式ブログ、インスタについて調査

作家の生島マリカさんは、西原理恵子とその娘の関係を先日自身のツイッターで暴露したことで、生島マリカさんがどんな人なのか、世間の注目が集まっています。

ここでは、生島マリカさんが西原理恵子さんの親娘についてツイートしたツイッターの内容や、ブログ、インスタについてご紹介していきます。また、生島マリカさんの両親についてや、映画「マルサの女」のモデルとなった事件に関する、生島マリカさんの著書についてもあわせてご紹介していきます。
目次

生島マリカがツイッターで西原理恵子の親娘関係を暴露

鴨志田ひよ(西原理恵子の娘)が今まで抱えていた、母親からの虐待に関して、生島マリカさん自身のツイッターで事実だと公表しました。娘さんの面倒を見てくれと頼まれた生島マリカさんは、一時期、鴨志田ひよの面倒を見ていましたそうです。

鴨志田ひよ(西原理恵子の娘)のブログ記事

鴨志田ひよ(西原理恵子の娘)は、精神を病むほどにまで追い詰められた自身の状況を、ブログ内で語っています。この内容は真実であると、生島マリカさんがツイッターで公表したという流れです。

生島マリカ ブログ

生島マリカの両親

  • 父親昭和3年生まれの在日韓国人一世、「船を漕いで日本に渡った」と語り、宝石商として日本で成功
    闇社会との関係も深く、山口組幹部の山本健一さんとは親友なのだとか
  • 母親中国やインド、ロシアの血を引いており、エキゾチックな顔立ちの美女で、数か国語を操るマルチリンガル。生島マリカさんが中学1年の時に胃がんで死去

お母さんが亡くなると、お父さんは早々に若い女性と再婚し、生島マリカさんは家を追われる形でストリート・チルドレンとなったそうです。

作家 生島マリカの著書

映画「マルサの女」のモデルになった生島マリカの著書

修羅の花 山口組トップから伝説の経済ヤクザの息子までが素顔を見せた

著者がこれまでに接した、日本最大の広域暴力団の頂点に立った親分のこと、経済ヤクザのはしりとなった義父にまつわる逸話や、映画「マルサの女2」のモデルになった事件などについて詳細に記してある

現代社会よりもっと男が男でいた時代のリアルな世界をお楽しみください。

監修は暴力団取材を専門にする作家鈴木智彦氏が務める。

引用元:ReaderStore

生島マリカのインスタアカウント

生島マリカのインスタアカウントは現在鍵がかかった状態で閲覧することができないようです。
  • URLをコピーしました!

最新記事

目次
閉じる