マリフィック代表取締役は誰?田中健彦のラーメン屋さんはどうなったの?吉瀬美智子の旦那はどんな人物?年齢やお仕事、大ファンからの結婚!そして会社倒産の果て離婚?!

ラーメン屋イラスト

女優の吉瀬美智子さん、1975年2月17日生まれ(47歳)
モデルから女優へ転身し、いつまでも変わらず御綺麗で、年齢を聞いたらびっくりですよね!
そんな吉瀬美智子さんですが、2010年12月25日に結婚し、2021年4月7日に離婚を発表致しました。
ご結婚されていた相手は田中健彦さんという一般の方!!!
吉瀬美智子の旦那 田中健彦さんとはどういう人物だったのか?!独自にまとめさせていただきました。最後まで読んでいただくと離婚の原因や田中健彦さんの職業や人物像までわかるかもしれません・・・。
それでは参りましょう!!!

目次

吉瀬美智子の旦那 一般人田中健彦さん


残念ながら一般人のためか画像は確認する事はできませんでしたが、180センチの高身長でしたが見た目は芸人の板尾創路さんやバナナマンの日村勇紀さん、特に俳優の古田新太さんに似ているとか。
年齢も吉瀬さんより10歳年上とのこと。46歳の吉瀬美智子さん、ということは田中健彦さんは56歳。
似ている芸能人から推測されるに、明らかにイケメン!!と言われる分類ではない旦那様。果たしてどういうところに惹かれたのでしょう。謎が深まります・・・。
ちなみに田中健彦さんの出身は山口県岩国市出身とのことです。愛車はフェラーリにとのこと。古田新太さんがフェラーリ・・・。似合わなくはない。

経営不振で会社が倒産?離婚の原因?

田中健彦さんは実業家であり、会社を経営しておりました。しかしながら経営は傾き、離婚の原因は会社の倒産だという噂があります。実際に次項に紹介する「株式会社KM」は倒産しております。しかしながら代表の方は田中健彦さんとは別の方となっており、会社を分社し、経営を譲ることにより倒産による被害は逃れることができたのではないでしょうか。
ですので離婚の原因は別のところにあると考えられます。

とある番組で夫婦生活を話す場面がありました。「司会者より一緒に寝ているんでしょ?」と聞かれると
「寝ていません!」と即答。
なんでもいびきがうるさすぎて一緒に眠れないんだとか。

「何度枕を押し付けようとしたことか」
とも話しており、殺意を抱いていた模様。
しかしこれも寝室を別にすれば解決できる問題。

一番有力なのは吉瀬美智子さんは「潔癖症」、田中健彦さんは「ズボラ」であったという説。
実際に芸能リポーターの井上公造さんが離婚の原因は吉瀬美智子さんが潔癖症であったからと話しています。
田中健彦さんは脱ぎ散らかしタイプだったとのことで「あなたの部屋は掃除しない」と話されていたとのこと。
寝室などの生活空間を分けることにより会話や顔を合わす機会の減少、コミュニケーション不足などが原因にあるのでしょう。結婚するとその人のありのままが見えてきます。付き合っているときは価値観が一緒と思っていたのに、結婚して一緒に生活すると実は全然違った!なんて、思い当たる方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
一般人旦那の愚痴をメディアで晒すほどストレスが溜まっていたのでしょう。

一般的に離婚につながる原因第一位は?!!

どんなに愛し合った夫婦でも一度や二度は「離婚」がよぎったことはあることでしょう。
実際に離婚に至った夫婦でも離婚の原因はさまざまであります。たった一度の過ちが原因になったり、日々の不満が積み重なったり、はたまた夫婦間ではなく義父母が関係していたり・・・。
そんな中、男女ともに離婚の原因第一位は「性格の不一致」!!!!
吉瀬美智子さん夫婦の離婚原因も信ぴょう性が増しますね。
割合としては男性は6割、女性は4割の方々が「性格の不一致」を理由に離婚されているとのこと。もともと生まれも育ちも違う2人が結婚されるわけですので性格が合わないのは当然でしょうね。「自分にないものを持っている」と惹かれ結婚したのにも関わらず、月日が経つにつれそれが原因で離婚に至るなんて話もチラホラ。

それでは次に参りましょう!

一般人田中健彦の会社、どんなお仕事?

光麺店舗写真

実業家である田中健彦さんは年商30億円の大実業家であり、【株式会社KM】【株式会社マリフィック】の経営者でした。フランスで料理の修行をしていたこともあるそうで飲食店の経営に乗り出したようです。
株式会社KMは1991年に設立し、1995年にラーメン業界で有名な【光麺】1号店を出した会社と言えばわかる方も多いのではないでしょうか?
店舗も増えましたが、傾きだした時に戦略として経営を分割するために【株式会社マリフィック】を設立、KMは譲り、マリフィックで経営をされていたとのこと。しかし現在はマリフィックも別な方に譲っているとのこと。

その他にもモデル事務所の経営などの芸能関係、リゾート関連、寿司、美容関係、バーやラウンジ経営など幅広く事業展開し、特にラーメンは大当たり!!!ピークの2008年9月には20億6877万円も売り上げがあったとか・・・。


筆者自身会社経営をしたことがないので完全に私の想像ですが、ラーメンが当たり、どんどん色んな事業展開をし、さぞかし楽しかったことでしょう。金銭感覚もマヒしていきそうですが、経営が傾き始めてからは自身や家族のため、社員のため経営歴を振り返ると必死だったのではないかと想像できますね。

ファンからの結婚・・・?!馴れ初めとは!!!!?

吉瀬美智子さんが最初に田中健彦さんと出会ったのは所属事務所の社長の誕生日パーティー。
田中健彦さんから「連絡先を教えてほしい」と話され、ちょうど失恋したばかりだという吉瀬さんは社長のメンツをつぶせないという後押し?もあり、正直に連絡先を教えたとか・・・。
のちにとある番組で、田中さんとの出会いは「タイミングが良かった」と話しております。失恋と酔っていたというタイミングが奇跡的に合致したのでしょう。のちに吉瀬さんが田中さんの話をする際、「元々わたしのファンだった」と話しており、田中さんにとってはかなりの神引きだったのでしょうね。本当うらやましい限りです。
しかしながら吉瀬美智子さん自身も結婚の決め手について話しており、「これまで旦那がそばで支えてくれた」「いつも笑顔と大きな心で温かく見守ってくれた」と話しており、まんざらでもない様子。しっかりお互いに惹かれあって結婚に至ったのでしょうね。
お二人の間には2013年7月に長女が生まれ、2016年10月に次女が生まれております。

ラーメン屋「光麺」及び田中健彦さんの現在。

「株式会社KM」は2015年12月に破産手続きをしておりますが、その時の代表取締役は鈴木朋宏さんという方。方経営分割で生き残った「株式会社マリフィック」で営業している店舗は今も運営しており、食べログで調べると、「恵比寿店」「三井アウトレットパーク北陸小矢部点」「イトーヨーカドーららぽーと横浜店」の3店舗。いずれも星3以上ついているようです。
光麺は現在、「株式会社KM」でも「株式会社マリフィック」でもなく、「光麺インターナショナル株式会社」と1997年に創業。代表も田中健彦さんではないようですね。ラーメンは熾烈な業界ですので、星3、そして現在も営業を続けているというのは田中健彦さんの手腕は素晴らしいものがあったのではないでしょうか。実質は同じ会社ではあるものの、田中健彦さんは破産しても痛くもかゆくもなかったとかと。
現在田中健彦さんは「株式会社MARIS R &SPA」という会社を経営しております。都内を中心に8店舗も運営しており、最近は東京だけにとどまらずアジアへ進出されているようです。

まとめ

さて、今回の記事をまとめます。

  • 田中健彦さんは180センチの高身長でフェラーリに乗っているイケメンではない56歳
  • 離婚の原因は価値観の不一致。「潔癖症」と「ズボラ」
  • 田中健彦さんは年商30億円の大実業家。経営手腕は優秀で破産を回避。
  • 結婚はタイミングが奇跡的。吉瀬美智子ファンのの神がかり的な引きの強さ。
  • 光麺は今なお、「食べログ星3以上」

しかしながらいっときでも吉瀬美智子さんと人生を共に過ごせたのはうらやましい限り。
これからも吉瀬美智子さんの活躍をお祈りいたします。

  • URLをコピーしました!

最新記事

目次
閉じる