「未来への10カウント」は原作ある?ネタバレありで1話のあらすじをご紹介します!

2022年4月14日から、テレビ朝日系木曜ドラマ枠でスタートした「未来への10カウント」。
木村拓哉さんと、King&Princeの髙橋海人さんが共演していることで話題になっていますね。
「未来への10カウント」はどんなストーリー?原作はあるの?そんな疑問をまとめてみました。

目次

「未来への10カウント」は原作がある?

「未来への10カウント」は原作はなく、脚本家福田靖さんの完全オリジナル作品になります。

福田靖さんといえばNHK大河ドラマ「龍馬伝」や「容疑者Xの献身」などの脚本をされていて、木村拓哉さんとは「HERO]でも共演されています。

「未来への10カウント」1話のあらすじは?ネタバレあり?

高校時代にボクシングで4冠を達成するという輝かしい功績を打ち立てながらも、その後は度重なる不運に見舞われ、今では完全に生きる希望を失ってしまった桐沢祥吾(木村拓哉)。彼はピザの配達アルバイトで食いつなぐ一方、「いつ死んでもいい」と口にする日々を送っていた――。


そんな彼をなんとか元気づけようとしていたのが、高校時代に桐沢と共にボクシング部で汗を流した親友・甲斐誠一郎(安田顕)だった。だが、あの頃とはまるで人が変わり、頑として明るい未来を想像しようともしない桐沢…。彼の今後を本気で心配した甲斐は、母校・松葉台高校ボクシング部の前監督・芦屋賢三(柄本明)に相談し、桐沢を芦屋の後任に抜擢しようとする。もちろん、桐沢本人は至って後ろ向き。だが、恩師である芦屋から土下座までされた桐沢は、むげに断ることができず、監督ではなく“臨時コーチ”として母校に舞い戻るのだが…。


松葉台高校は今や、昔と違って東大合格者も出す進学校。芦屋が監督を退いてからというもの、ボクシング部もみるみる弱体化していた。しかも、校長の大場麻琴(内田有紀)は部活承認に必要な部員数を満たしていないことを大義名分に、近々ボクシング部を潰そうと画策! そんな中、突然顧問に任命された折原葵(満島ひかり)も、ボクシングに対する思い入れや知識がまるでなく…。

https://www.tv-asahi.co.jp/10count/

かっこいいですね! 青春ドラマというかんじで、今後桐沢祥吾の心情がどのように変わっていくのかも楽しみです。

以上、「未来への10カウント」の原作についてと1話のあらすじについてお伝えしました。
2話以降も楽しみですね。

  • URLをコピーしました!

最新記事

目次
閉じる