ps5って当たった人いるの?現在でも高い抽選倍率を誇るps5!現在の販売状況や当たった人がいるのかまとめてみました!

みなさんはゲームがお好きでしょうか?

現在では、スマホ一つあれば、手軽に無料ゲームがプレイできるため、多くの方が一度は、ゲームで遊んだ経験があるのではないでしょうか。

では、家庭用ゲーム機は遊んだことはあるでしょうか?

家庭用ゲーム機は本体とソフトが必要になるため、スマホでできる無料ゲームと違い、お金がかかるため、気軽にプレイすることができないかもしれません。

しかし、それでもお金を出して、買う方が多くいらっしゃいます。

今回は、そんな家庭用ゲーム機の代表格であるプレイステーション(プレステ)の最新作である、PS5(プレイステーション5)について価格や販売店、購入方法などをまとめましたので、今後の購入を検討されている方は、ご参考にしてください。

目次

PS5の発売日は?PS5価格は?

まず、購入するときに気になる、価格と発売日を紹介します。

PS5の発売日は?

PS5の発売日は2020年11月12日とすでに1年半が経過しています。

発売されてからそんなに時間が経過しているのに、ネットで検索すると、「抽選」や「品薄状態」などが出てきます。

実は、このPS5は現在でも品薄状態で抽選にて当たった人した買えない状態なんです。

PS5の価格は?今までのプレステよりも高いの?

次に、価格についてですが、これだけ売れているPS5ですので、とんでもなく安いのでしょうか?

PS5の価格

PS5の販売価格は、標準モデル:49,980円(税抜)、デジタルエディション:39,980円(税抜)とお小遣いで買おうと思うとちょっと高いですね。

ということは、価格が安いから、品薄状態ということではなさそうですね。

ちなみに、標準モデルデジタルエディションとの違いは、光学ドライブの有無になります。

性能面での違いはありませんが、光学ドライブのない場合は、パッケージ版(ディスク版)のソフトを遊ぶことはできず、公式のPS Store(PlayStation Store)から購入できるダウンロード版のみプレイ可能となります。

これまでのプレステとの比較

では、そもそも、このPS5の価格は高すぎるのでしょうか。それとも、プレイステーションシリーズでは、標準価格なのでしょうか。

PS5 標準モデル¥49,980
PS5 デジタルエディション¥39,980
PS4 Pro(1TB)¥44,980
PS4(500GB)¥39,980
PS3(20GB)¥49,980
PS2¥39,800
PS¥39,800

これまでのプレイステーションシリーズと比べると同じような価格設定になっていますね。

しかし、PS5は、ゲーム機であるため、当然ゲームはできますが、ゲーム以外に4KUltraHDBlu-rayディスク・Blu-rayディスク・DVDの再生に対応しており、Blu-rayレコーダーを買わなくてもPS5があれば、再生できます。

また、PS5では、「Spotify」で音楽を聞くことができ、有料プランに加入をすれば4000万曲以上聞くことができますが、無料プランでも曲を聞くことができます。

ここまで、高機能であれば、49,980円という価格にも納得できますが、ゲームだけを楽しみたいという方にはオーバースペックかもしれませんね。

現在でも品薄状態って聞いたけどPS5はどうやって買えばいいの?

ここまでで、PS5発売日や価格について記載をしてきましたし、現在でも抽選にて販売していることも紹介しました。

では、具体的にどのように購入をするのでしょうか。

PS5買い方は?

・家電量販店やおもちゃ屋の店頭に並ぶ
・抽選に応募する
・ネットショッピングで購入

家電量販店やおもちゃ屋の店頭に並ぶ

ヨドバシカメラやエディオン、TSUTAYA、BOOKOFFなどの家電量販店の店頭で購入する方法ですが、それぞれメリット、デメリットがあります。

  • メリット:ネット予約なしで簡単に購入できる
  • デメリット:在庫がなければ無駄足となる

この方法は運が良ければ、購入と同時に家に持ち帰ることができるため、すぐにPS5をプレイすることができますし、いちいち在庫情報やネット情報を調べなくても良いので非常に泣くに購入することができます。

しかし、在庫がなかった場合、何店舗も回らないといけないうえに、最終的に購入できないことがあるため、デメリットが大きいです。

何かの用事のついでに探して見つけられたらいいですね。

また、下記のTwitterで定期的にPS5の販売情報をまとめてくれていますので、随時チェックしてみてください。

抽選に応募する

各家電量販店やJoshinなどのオンラインショップで、たびたび抽選販売をしています。

  • メリット:家電量販店などの店舗がない人でも平等にチャンスがある
  • デメリット:倍率が高すぎて中々当たらない・情報を随時確認していないといけない

ヨドバシカメラやエディオンなどのオンラインショップで購入することができる権利の抽選をしています。

あくまでも、「購入することができる権利」ですので、購入するか迷っている人も挑戦してみてはどうでしょうか。

ちなみにエディオンでは、2022年3月11日から3月17日までの間、抽選の応募をしていますので、下のボタンから応募ページに移動できるので、抽選してみてはいかがでしょうか。

また、エディオンだけでなく、ゲオやヨドバシカメラなどの抽選を実際に当たっている人もいるようですので、挑戦してみるものいいと思います。

当選者について:Twitterより

ネットショッピングで購入

上記以外にもAmazonや楽天も定期的にPS5をオンラインで販売しています。

  • メリット:家電量販店などの店舗がない人でも平等にチャンスがある
  • デメリット:競争率が高い

メリットは家電量販店やJoshinなどが行っているオンライン抽選と同じですが、抽選ではなく、販売であるため、競争率が非常に高く、かつ、早い者勝ちとなります。

そのため、店頭で購入するケースと同様に運が良ければ購入できるといった形になります。

基本的には在庫がありませんが、時々入荷されていますので、常にチェックしておく必要があります。

大人気のPS5!その特徴は?

現在でも品薄状態で高い抽選倍率を勝ち抜き、抽選に当たった人しか買えない状態となっているPS5ですが、なぜ、ここまで人気なのでしょうか。

PS5が大人気な理由は?

先ほど、PS5とプレイステーションシリーズを価格で比較したさいに、PS5はゲーム以外の以外の機能も充実していることを紹介しましたが、それだけでは、PS5が現在でも抽選にて販売している理由は不十分だと思います。

そのほかの大人気である理由を考えてみましたので、紹介します。

強化された性能

まず、PS5自体の性能面です。PS5はゲーム機ではありますが、昔の家庭用ゲーム機とは違いネットに繋ぐことでソフトをダウンロードできますし、YouTube で動画を見ることもできます。

そのため、パソコンを買う時のように、PS5自体の性能面を気にする方もいらっしゃると思います。

CPUは8コア/3.5GHzと、PS4 Pro(8コア/2.1GHz)、PS4(8コア/1.6GHz)からと比べて高速化しています。

また、ゲームの要であるグラフィックスを司るGPUの処理能力も10.3TFLOPS(テラフロップス)に強化され、PS4 Pro(4.2TFLOPS)、PS4(1.84TFLOPS)と比べるとさらに高性能化しています。

物体への光の当たり方をシミュレートすることで生まれる陰影や反射をリアルに再現する「レイトレーシング」にも対応しており、4Kに加えて8K出力や、最大120fps、120Hz出力(対応タイトルによる)も可能になっています。

メインメモリは16GB(帯域幅:448GB/秒)と、PS4 Pro(8GB、218GB/秒)、PS4(8GB、176GB/秒)から倍増し、帯域幅も大幅に拡大しています。

最後にストレージは読み込み速度が5.5GB/秒という825GBのSSDを採用することで、HDD搭載のPS4 ProとPS4から飛躍的なスピードアップされ、ロード時間の短縮などが期待されています。

新しいコントローラー

PS5から新しく登場する「DualSense ワイヤレスコントローラー」は、没入感を高める触覚フィードバック(ハプティックフィードバック)、抵抗力を変化させるアダプティブトリガー、チャットが可能な内蔵マイクを搭載しています。

※ハプティックフィードバック:ゲーム内の状況に応じて変化する振動により、プレイヤーを取り巻く環境の質感から多彩な武器の反動まで、さまざまな感覚をその手の中で体感できるようになります。

※アダプティブトリガー:ゲーム内のアイテムやその状況に応じて、さまざまな強さや張力を体感することができます。例えば弓の弦をギリギリと引き絞ったり、ハイスピードで走る車にブレーキをかけたりというアクションを実感可能になります。

純粋にプレステが好きな人

プレイステーションシリーズが一番最初に販売された1994年から、好んでプレイステーションシリーズを購入している方も多いのではないでしょうか。

いわゆる、プレイステーションユーザーの方からも根強い人気により、抽選倍率も上がっているのではないでしょうか。

プレステの歴史について

ここまで、PS5が現在も抽選で販売していること、なぜそんなに売れているのかを紹介してきましたが、そもそもプレイステーションシリーズがいつから始まっているのか紹介したいと思います。

そもそもいつからプレステは始まったの?

もともと、プレイステーションシリーズは1994年から始まっており、最初はPSとして売り始めました。

その後、PS2、PS3と続きますので、発売日をまとめてみます。

発売日で見るプレステの歴史

PS5 標準モデル2020年11月12日(木)
PS5 デジタルエディション2020年11月12日(木)
PS4 Pro(1TB)2016年11月10日
PS4(500GB)2014年2月22日
PS3(20GB)2006年11月11日
PS22000年3月4日
PS1994年12月3日

このように並べてみると、6年周期で、新シリーズを作り出していることがわかります。

この法則で考えると、次のシリーズの発売日は、2026年になりそうですね。

PS5の今後は?

今回の記事で、PS5の現在の販売状況や売れている理由、プレイステーションシリーズの歴史について紹介をしました。

今後もPS5を抽選で購入する状況はしばらく続きそうですので、購入を検討している方は、ぜひ、今回の記事を参考にして、今後も情報収集をすることをおすすめします。

  • URLをコピーしました!

最新記事

目次
閉じる