ps5デジタルエディションの定価は?買って後悔する前にご確認を!ps5の通常版と定価が安いデジタルエディションの違いとは?!

ゲーム画像

ps5には通常版デジタル・エディションの2種類発売されています。今回は通常版とデジタル・エディションについてまとめましたのでどちらを購入すればいいのか迷ってる方は参考にされてみてはいかがでしょうか?!

目次

定価が安い!!デジタルエディションとは?!

ゲーム画像

約1万円安いデジタル・エディションとは?!

定価が安い【デジタル・エディション】。なぜ安いのでしょうか?

それは機能が削減されているからです。
デジタルエディションと聞くと、なんとなく【通常版】と比較すると特別感を感じませんか?
私はまんまとひっかかりました。【デジタル・エディション】はなんとディスクが読み込めないのです。ディスクとはゲームソフト・CD・DVDなどになります。

ディスクの読み込みができないことで生じる問題

ディスクが読み込めない事での3つの問題
  1. ソフトを売ることが出来ない
  2. ゲームの貸し借りが出来ない
  3. ソフトの価格が高い
1.ソフトを売ることが出来ない

1つ目の【ソフトを売ることが出来ない】はダウンロード版のソフトはゲームショップ等で売ることが出来ないため、別なソフトを買うために資金をしていた方は注意が必要です。1万円分ほど安く購入したとしても売ることが出来ないためコスパが悪いです。

2.ゲームの貸し借りが出来ない

2つ目は【ゲームの貸し借りが出来ない】です。言葉の通りで、ソフトを貸し借りできないので試しに友達から借りてやってみよう!っていうのが出来ません。

3.ソフトの価格が高い

3つ目は【ソフトの価格が高い】。ケースなどに入っているパッケージ版の方が高く設定されそうに思われがちですが、実際のところ高く設定されています。さらに中古販売もできませんので安く購入することが基本的にはできません。セールなどもあるかもしれませんが、新作の値下げなどは確実にありませんのでコスパが悪いです。

デジタル・エディションのメリットとは?

デジタル・エディションはデスクの出し入れが不要なので手間に感じていた方はオススメ致します。前述の貸し借りもしないし、ソフトを売る予定が無いという方にとってはデジタル・エディションの方が良いでしょう。コスト面で気にする必要が無い方も通常版よりオススメ致します。

通常版との性能を比較!!

通常版とのスペックの違いは光学ディスクドライブの有無以外はほぼない。

通常版とのスペックの違いは光学ディスクドライブ以外同じです。ディスクドライブは『Ultra HD Blue-ray』に対応しているドライブを採用しております。Ultra HD Blue-rayは『4K Ultra HDブルーレイ』とも呼ばれており、BDの後継規格となっております。映画などの映像ソフトを4Kで出力するためのものですのでそのプレーヤーとしても使用することが出来ます。『4K Ultra HDブルーレイ』を対応しているプレーヤーは2万円前後で販売されているためその点も通常版の方がお得な気がします。

本体サイズも若干違う。

通常版が本体重量約4.5kgに対し、デジタル・エディションは3.9kgとディスクドライブを省いた分軽量になっております。高さも1.2cmほど低くなっているので若干コンパクトになっています。

デジタルエディションの容量の増やし方

PS5本体に内蔵されている容量は1TBのSSDで数本のソフトと追加コンテンツをインストールするだけですぐ一杯になります。それは通常版も同様ですので容量の増設は共通で必須となることでしょう。増設の仕方2通りご紹介致します。

内蔵SSDを増設する

本体の底面にある増設用スロットにM.2NVMe SSDを追加することにより内蔵ストレージの容量を増やすことが出来ます。使用できるM.2NVMe SSDは高性能なものに限られているため安価なものでは性能が不十分なので購入前に確認が必要になります。また、2021年9月15日にリリースされたシステムソフトウェアアップデートの適用が必要ですので詳細はPS5のサポートページをご確認ください。増設方法も詳しく書いてありますので是非ご参考にしてみてください。
PlayStationサポートページ

拡張ストレージを使用する

USB接続の外付けハードディスクやポータブルSSDを拡張ストレージとして使用することが出来ます。拡張ストレージにはゲームソフトをインストールできますがPS4のソフトのみ利用できます。そのため、PS4のソフトは拡張ストレージにインストールし、内蔵SSDの空きをPS5のソフトに活用することが出来るため、どちらのソフトもプレイする方は活用した方が良いと思います。

やっぱり通常版が欲しい!デジタルエディションを転売するとおいくら?!

ゲオやメルカリで比較してみる。

現在ゲオではデジタルエディションの買い取り価格が最高36,000円となっています。新品状態であればこの価格に近い額だと思いますが開封済みや使用済みであればもう少し下がることが予想されます。通常版購入の資金には十分だと思います。
ゲオの買い取り

一方メルカリでは、現在PS5の価値が上昇しているので安くても69,999円、新品未開封だと83,000円で取引されております。10%の手数料、送料を差し引いてもデジタル・エディションを定価で買えた方は確実に利益が出そうですのでメルカリなどのフリマアプリを活用し売ることをお勧めいたします。しかし販売台数が増えてくると価格は落ち着いてくると思いますので転売するタイミングを見誤らないように注意しましょう!
メルカリ

デジタルエディションを購入した方の口コミご紹介!!!

実際にデジタルエディションを購入した方はそれなりに満足している様子が多く見受けられます。もちろん初めからディスクドライブが無いものだとわかった上で購入した方がほとんどですのでクチコミ評価は上々です。最近はDL版しか購入していないというユーザーも多いのでレスポンスが良い起動が速い再接続が速いなどと云った性能アップが皆さん気に入っている要因だと思います。

中には後悔している方も・・・

Twitter

中にはやはり後悔している方もチラホラ。PS4のソフトもプレイできるため、パッケージ版で購入されている方はもちろんプレイできませんし、ゲームソフトの値下げもダウンロード版にはほとんどない為安く購入できません。これらのことを考慮し、購入するようにしましょう!

しかしながら、デジタルエディションでも購入さえしてしまえば現在なら高く売ることもできますのでかなりラッキーです。決して安い買い物ではないので購入する際には自分に合っているのはどちらなのか見極めてからの購入が必要ですね。

  • URLをコピーしました!

最新記事

目次
閉じる