シンウルトラマンにセクハラやパワハラの描写が!?批判殺到!どこのシーン?

2022年5月13日に公開されたシンウルトラマン。
ランキング1位で、動員数も興行収入も上昇。大人気です!

しかし、そんなシンウルトラマンに、パワハラやセクハラのシーンがあると批判が殺到しています。

一体どこのシーンなのでしょうか。調べてみたので、読んでみてくださいね。

目次

シンウルトラマンのセクハラやパワハラの描写はどのシーン?

調べてみると、長澤まさみさんのシーンばかりがセクハラ、パワハラと捉えられているように見えます。

公式サイト

シンウルトラマン公式サイト

長澤まさみが自分のお尻を叩くシーン?

長澤まさみさんが気合を入れるためにお尻を叩くシーンが、セクハラだと批判されています。

斎藤工が長澤まさみの臭いを嗅ぐシーン?

斎藤工さんが追跡のために長澤まさみさんの臭いを嗅ぐシーンに、セクハラだと批判されています。

長澤まさみの下からのカメラアングル?

下着が見えそうな下からのカメラアングルにも批判が殺到しています。

長澤まさみが他人のお尻を叩くシーン?

長澤まさみさんが他の人のお尻を叩くシーンがセクハラだという声も上がっています。

シンウルトラマンのパワハラシーンはどこ?

長澤まさみさんの「男なら~すべき」「そんな男はモテない」という発言がパワハラだと批評されています。

まとめ

どう感じるかは人それぞれですが、製作陣も大変ですね。

  • URLをコピーしました!

最新記事

目次
閉じる