山中伸弥はいつノーベル賞を受賞したの?何歳の時?研究内容や、受賞理由、現在の活動などまとめ

iPS細胞を作製することに成功し、ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥さん。ノーベル賞を受賞したのはいつ、彼が何歳の時?その研究内容や、受賞理由をまとめました。また、現在の山中伸弥さんの活動などをご紹介していきたいと思います。
目次

山中伸弥 ノーベル賞受賞はいつ?

2012年10月8日 ノーベル生理学・医学賞 受賞

山中伸弥 ノーベル賞受賞当時、何歳?

当時 50歳

山中伸弥 ノーベル賞受賞した研究内容

僅か4つの遺伝子を皮膚細胞(線維芽細胞)に導入することにより、様々な体細胞に分化可能な多能性とほぼ無限の増殖性をもつ人工多能性幹細胞(iPS細胞:induced pluripotent stem cell)」を作製することに成功しました。マウスiPS細胞作製成功を2006年に発表し、2007年にはヒトiPS細胞作製を報告しています。 iPS細胞の作製は、一度分化した体の細胞を未分化の状態にもどすという「細胞核の初期化(リプログラミング)」に関する画期的な発見であり、治療法が未だ確立されていない難病の病気の原因の解明、薬の毒性の検査、新しい治療法や薬剤の開発に新たな道を開きました。

引用元:京都大学iPS細胞研究所
「iPS細胞」を使えば、病気やけがで失った組織でも、自分の他の部分の細胞から新たに作って移植することができるため、

再生医療や薬の開発の分野で期待されています。

山中伸弥さんは、

「新型コロナ研究にiPS細胞で貢献したい」

とも語っているようです。

山中伸弥 ノーベル賞受賞できた理由

受賞の理由となったのは「細胞の初期化」を示したことです

ヒトや動物の体は、1個の受精卵が分裂を繰り返して臓器や組織になっていきますが、これまでは臓器や組織の細胞は、いったん役割が決まってしまうと、もう受精卵のような状態にはならないと考えられてきました。

ところが、山中さんは実験では、皮膚の細胞の核に、ある4つの遺伝子を入れると、受精卵のような細胞にリセット、「初期化」されることを証明したのです。

これにより、iPS細胞を治療に生かすための研究が行われるきっかけとなりました。

山中伸弥の現在について

京都大iPS細胞研究所の所長を退任、研究に注力

 京都大iPS細胞研究所の所長を今月末で退任する山中伸弥教授が22日、報道機関各社のオンライン取材に応じた。退任は「人生最大の決断の一つだった」とし、今後は「時間の50%は研究に使い、50%は(医療用の細胞を備蓄・提供する)iPS細胞研究財団の理事長として活動を継続したい」と話した。

引用元:読売新聞オンライン

ワクチン接種に対するメッセージ発信

ユニクロ チャリティーTシャツのデザイン

山中伸弥公式サイト

  • URLをコピーしました!

最新記事

目次
閉じる