YouTubeライブ配信「最大同時接続数(同接)」ランキング(日本国内)紹介!人気YouTuberコムドット、加藤純一、コレコレ、桐生ココの順位発表。同接とは?同接バグとは?など

YouTubeには人気ライブ配信者がたくさんいますが、その中でも日本国内で個人やグループで一番人を集めたのは一体誰なのか?最新のYouTubeライブ最大同時接続数(同接)ランキングを調査しましたのでご紹介していきます。

また、コムドットの加藤純一は、コレコレ、桐生ココの順位は一体どれくらいなのか?YouTube同接とは?同接バグとは?などの疑問にもお答えしてきます。

さらに、YouTuberの人気を測る上で鍵となる、視聴者数(最大同時接続数)と平均視聴時間(平均総再生時間)についてもカンタンに解説していきたいと思います。
目次

youtube 同接とは?

youtube 同接とは?

「同時接続数」とは、「同時接続視聴数」のことです。具体的には、YouTubeライブでライブ配信された動画が、リアルタイム視聴で同時に何人見ているのかを表す数値です。

YouTubeライブ 最大同時接続数ランキング

個人、グループを含めた総合ランキングをご紹介します。
順位チャンネル名同時接続数
1位手越祐也132万人
2位78万人
3位佐藤健55万人
4位桐生ココ49.3万人
5位コレコレ48.4万人
6位加藤純一46.5万人
7位ジャにのチャンネル38万人
8位乃木坂4637万人
9位コムドット35万人
10位Snow man34万人

同接バグとは?

同接バグとは?

YouTube生配信の視聴者として、リアルタイムで試聴しているにもかかわらず、同時接続者数としてカウントされないバグのことです。 2020年12月3日より発生。 この日を境に、同接(=同時視聴者数)が大幅に減少した配信者が続出しています。

youtubeライブ配信 における平均視聴時間と視聴者数(同時接続数)

ここでは、YouTubeライブ配信の「視聴時間」について解説していきます。視聴時間とは、テレビの時代には無かった概念です。

平均視聴時間(平均総再生時間): 視聴者がYouTubeライブ配信を視聴した平均時間

この、平均視聴時間は、ライブ配信というメディアの特性をより深く計測した数字です。 視聴時間とは、YouTubeライブ配信中、その配信に視聴者が滞在していた時間の「合計」で表します。

例えば、同じタイミングで配信を行ったYouTuberが2人いた場合、両者の再生回数が同じでも、滞在時間が長いユーザーが多かったほうが視聴時間は大きくなります。

例を挙げると、

同じタイミングでYouTubeライブ配信を行ったYouTuberのうち、

A:1万人の視聴者数を集めましたが、平均滞在時間は2分=視聴時間は2万分

B: 1000人の視聴者数しか集まりませんでしたが、平均滞在時間は30分=視聴時間は3万分

集まった視聴者数だけを見ると、前者Aのほうが人気が高そうですが、視聴時間で見ると、後者Bのほうが大きくなります。

このように、YouTubeライブ配信では、最大同時接続数や、視聴者数がクローズアップされがちですが、平均視聴時間というものも、チャンネルへの定着度や、共感度の高さ、人気を反映する指標となります。
  • URLをコピーしました!

最新記事

目次
閉じる