「ずっと真夜中でいいのに」メンバーacaねの素顔は?『ずとまよ』の世界観!「ACAね」の意外な過去もまとめてみた!

夜景イメージ

若者を中心に向けてメッセージ性を追及する次世代音楽。

中でもYouTubeやSNSを中心に、
「夜好性」と総称されるファンから絶大な支持を受けている三組の次世代アーティストたちが居ます。

その三組とは、『ヨルシカ』『ずっと真夜中でいいのに。』『YOASOBI

彼らは「夜」を連想させるようなキーワードを独自の世界観に相互させて、
魅力的な音楽作品へと昇華させます。

競争が年々激化する音楽業界の中でも期待を裏切らないパフォーマンスを見せ続け、
その勢いは滞りを知りません。

日に日に音楽の新たな可能性を提示する様はまさに、次世代音楽の旗手と言えるでしょう。

今回は、三組の中でもより独自性が高いと言われている、
ずっと真夜中でいいのに。』の世界観と、そのメンバーである「 ACAね 」を紹介していきたいと思います。

本記事にてその魅力と発見を通して、
『ずっと真夜中でいいのに。』から「夜好性」となるきっかけを作っていきましょう。

目次

『ずとまよ』が広げる、暗く力強い世界観

略歴

ずっと真夜中でいいのに。』こと、「夜好性」たちから「ずとまよ」の愛称で支持されるに背景には、
独特な言葉選びを違和感無く飲み込ませる、視覚と聴覚の演出が裏打ちされています。

ずとまよのデビューとなったのは、
2018年6月4日よりYouTubeで初投稿のミュージックビデオである「秒針を噛む」を公開。

その際には著名なシンガーソングライターの「ぬゆり」が作曲の一部と編曲を担当、
ミュージックビデオの方も同じく著名であるアニメーターの「Waboku」が映像編集に携わっています。

参加したクリエイターたちの顔振れだけでも十分話題に富んでいると言えるものですが、
主役は決してずとまよです。

その音楽性と世界観には、一回の再生でユーザーたちを引き付けた夜の魔力が秘められていました。

それでは、ずとまよの世界観の表層を紐解いて行きます。

「夜」のように、よりミステリアスに

ストーリー性のある音楽

処女作の「秒針を噛む」から通じて分かるように、ずとまよの作品はそのストーリー性が印象的です。

少年少女の心境を軸としてその変化を描写する作品が多く、
進行に連なってミュージックビデオ全体の雰囲気が変化していき、
歌詞も曖昧なものからより断定的な言葉選びになっています。

所々で造語らしき言葉が差し込まれることもありますが、
映像と音楽自体の盛り上がりに合わせて差し込まれるため、得体の知れない説得性を感じてしまいます。

言葉の綾というよりは、推察の余地や考察の幅を広げさせるといった、
舞台装置のような効果が狙われているのでしょうか。

歩き回る曲調

一方曲調ではジャズのような、ウォーキングベース的なアプローチで進行していくのが特徴です。

その中で縦横無尽に走り回る小気味良さとアップテンポな疾走感は、
不思議とずっと耳を傾けていたくなりますね。

背徳ながらも魅惑的。人気のない夜の街路を思うが望むままに駆け回る、
さながら天邪鬼にでもなった気分です。

よりミステリアスに

以上を踏まえて、独特な言い回しであったり、
少年少女が主体として描写されているその背景とはどうでしょう。

言うならば「夜」というキーワードからずとまよのエッセンスには、
静寂が夜のとばりへと溶け合う、ミステリアスめいた姿がイメージされているのではないでしょうか。

少年少女の心境の変化を描写しているのも、思春期の青少年の心理傾向にある「自己承認欲求」に通じて、
「夜」のイメージに連想される「迷い」といった意味合いがあるのかも知れません。


推察の範囲ですが、ずとまよが思い描く「夜」と「音楽」の魅力の本質の一端が垣間見えました。

続けて、その独特な言葉選びの中身を辿っていきます。

言葉が作り出す世界

後ろめいた暗さ

ずとまよの言葉選びについて、
一つ一つ拾っていくとお世辞にも明るいとは言えない意味を含む単語が多いことが特徴です。

作品の看板とも言えるタイトル自体にもそのような意味合いであったり、
道徳に問われるような、投げやりのような、
後ろめいた暗さを感じさせるような言葉が用いられています。

もしくはその単語のみだと意味合いが成立しないようなもの、
さらに前述した通り、造語と思われるものも含まれています。

言葉が生きている

歌詞の方はどうでしょうか。

同様に明るみの無い言葉が特徴的ですが、
それらは曲の中で会話形式として「生きて」いるように感じられます。

歌詞を通して少年少女に主体性を持たせることで、
映像に並行して抑圧された心の内や、それを望む心の声が直接伝わってくるようです。

「夜」に誘われて

ずとまよが歌詞に用いる言葉は、
通語俗語固有名詞動詞など多種多様に挙げられますが、
印象や考察の領域を越えて、暗く深い言葉の列にはずとまよが伝えたいメッセージがあるのでしょう。

しかし、タイトルからしてやはり、
誘う」ということに関してずとまよは特に秀でているように思えます。

それはへの執着からでしょうか。

ずとまよの暗さの先には、果たして何があるのでしょう。

【考察】「暗さ」と「強さ」

ここでは私なりに、
ずとまよの作品に見受けられる「暗さ」についての考察となります。


少年少女は曲の中で問題に直面し、それを解決へと説くために苦難していきます。

いずれも後ろめたさのような、欠陥や不安を抱えているように見えます。
それは、「ミュージックビデオの構成と心境の変化が相互している」という推察です。

彼らは自らが不器用であったり不出来だという烙印を押すことになっても、
そうと言うなりに、どこに答えがあるのかということを知ることはありません。

それを分かっていて、ただ愚直に進んでいきます。

悪いことなのでしょうか、それともそこに正しさがあるのでしょうか。

それも知る由はありません。ですが、そのような十字架を背負っても彼らは進むのです。


その様子から、
ずとまよが描く世界にはその「暗さ」以上に、ひたむきな「強さ」が現れているように思えました。


諦めないということは「強さ」だと思います。

諦めること自体は決して悪いことではありませんが、いずれ誰にでも選択するという機会は訪れます。

どのような結果であっても、受け入れることは心持ちを要するでしょう。

白昼の中では多くの光が輝いていて、小さな光である自分が輝ける可能性は限りなく少ないかも知れません。

その気負いは、きっとそうしなければいけないと受け入れる際の自信にも繋がっています。


しかし、ならどうでしょうか。


暗く黒い夜空の中でならば、どれだけ小さな光でも輝くことが出来ます。

自分ならではの輝ける場所がそこにあるならば、
彼らは「ずっと真夜中でいいのに。」と、そう願うのでしょうか。

以上、詩的になりましたが、私なりの考察でした。

このように、数多くの魅力に伴って謎も多く渦巻くずとまよの作品の世界観。

表層を明らかにしてきましたが、どうでしょう。

少しでも魅力であったり興味を持って頂けたのであれば幸いです。


次の疑問に移りたいと思います。

それらを手掛けるずとまよとは、一体どのような人たちなのでしょうか。

気になりますよね。

それでは次項以降で、「ずっと真夜中でいいのに。」のメンバーとその素性について、
また、ファンからの声についても探っていきたいと思います。

作詞ボーカルを一人で務める『 ACAね 』とは?


「ずっと真夜中でいいのに。」のメンバーで現状公開されているのは、「 ACAね 」さん一人になります。

ずとまよの魅力の一つとして、透明感のある力強い女声ボーカルに魅了された方も多いのではないでしょうか。

作曲の一部を他のアーティストと共作として手掛けることもありますが、
作詞・作曲、ボーカル・ギターを務めてフロントマンとしてずとまよの顔となっているのは、
「ACAね」さんで間違いありません。

一体、何者でしょう?

話題になる以前は、どのような活動をされていたのでしょうか。

経歴

処女作の「秒針を噛む」が公開されたのは2018年6月4日ですが、
ずとまよの「 ACAね 」さんは、それまでは名が浮上することは無かったアーティストです。

デビュー以前はSNSで弾き語りをする動画を投稿している様子や、
ある日には路上ライブ活動を行っていた姿が見られたという話があるようです。

その前はモデルとして活動していたといった話なども聞きますが、
詳細の全容は定かではありません。

経歴は謎めいた部分が多く、
「秒針を噛む」の公開が皮切りで新進気鋭のアーティストと言って差し支え無いでしょう。

そして、その突如現れた無名の新人がここまでの評価を受けているのです。

近年名を連ねるアーティストたちの中でも、
経歴と評価の差異という観点から、取り分け異例とも言えます。

プロフィール

現状「ACAね」さん自身について分かっていることは、次の通りです。

  1. 性別は女性
  2. 年齢は二十代
  3. 出身地は非公開

調べたところ、挙げられている情報の中で断定出来る内容は、以上のみとなりました。

ライブツアーであったりSNSの発信には余念が無い「ACAね」さんですが、
自身に関するプライベート的な内容については、いずれも公開されることがありません。

ファンである「夜好性」の内では大阪府か新潟県に在住していると噂されていますが、
本人が明言したわけではないためにそれも確かでは無いです。

また、ファンやメディアから顔出しの求めに応じることもありません。

ライブツアーなどに参加すればその素顔を目にすることは可能ですが、
自ら明らかにするような発言や行為といったことは、行おうとしないのです。

彼女の素性に対して、ファンとメディアはそれを知りたがっています。

ですが、「ACAね」さんが自ら意識して徹底していることなのであれば、
そこに何かしらの意図があるのでしょう。

【素顔は可愛い!?】『 ACAね 』が顔出しを避ける理由

つい先程「ACAね」さんは、
メディアやファンからの顔出しの求めに応じることは無い、と紹介しました。

ですが、本人のインスラグラムでは、
顔の全体では無くとも一部が確認出来るような画像が公開されています。

そちらについてを追ってみましょう。

プライベート画像について

インスラグラムで本人が投稿していることから、こちらが「ACAね」さんなのでしょう。

唇と口元のほくろが印象的ですね。

他にもインスタグラムのプライベートな投稿を見てみると、
色彩豊かで奇抜なファッションで映る口元だけの姿がいくつかありました。


身なりにも曲の印象から、彼女らしいスタイルとエッセンスが滲み出ていますね。

いずれも目元は隠れていますが、素顔は可愛らしいと想像出来ます。

他にも自身のネイルを紹介する投稿もありました。

こちらも素敵なファッションスタイル。

毎回統一性や共通点などは無く、
様々な服装やネイルを楽しんでいるみたいです。

全体的におしゃれに気を使う方のようで、
素顔の想像も相まって機会があれば、実際に姿を拝見してみたいですね。

昔の『 ACAね 』?

プライベート画像について調べていたところ、
路上ライブ活動をしていた時代の、昔の「ACAね」さんらしき画像が流出していました。

画像が粗いですが、ライブフライヤーとして添えられている用紙に、
ACANE」や「」という文字が確認出来ます。

当時の活動名でしょうか。
記載されていたアカウントIDを検索してみましたが、現在は削除されていました。

顔立ちの方はインスタグラムで公開されている画像と比較すると、
顔をメイクされているため判断が難しいですが、似ていると言われれば似ていますね。

まだ垢抜けていないという感じの素朴な雰囲気です。

顔出しを避ける理由

プライベートの公開

インスタグラムを中心に身の回りを追ってみましたが、
「ACAね」さん自身プライベートな投稿は全然構わないといった様子でした。

顔出しを避け続ける理由としても、
何かコンプレックスのようなものがあるというわけでは無いようです。

現にライブツアーで、その姿は確認は出来ています。

そしてファンに対しても堂々とされていました。

「音楽」を大切にする

では、その理由とは何でしょうか?

ここで話の視点を変えますが、
近年ネット上でボーカル活動しているアーティストの中では、
顔出しをしなかったりプライベートを公表することを控えている傾向がありました。

その意図として「アーティストが音楽より前に出ることを避けている」であったり、
世界観や考察の邪魔になる」といった自らの作品と言った、
視聴者と作品に配慮してのことが挙げられます。

以上のことからずとまよの作品もその作品傾向において、
作品の世界観や考察を大事にしていることが伺えます。

推察にはなりますが、やはり「ACAね」さんも、
作品に対した固定観念や表情を定めてしまうことは少なからず避けたいのでしょうか。

嫌いと言うアンチが多い?『ずとまよ』への声


ここまで「ACAね」さんの素性を調べていくにあたって、彼女と「ずとまよ」に対し、
嫌い」であったり「好きになれない」というコメントを所々で見かけました。

他にも特定の掲示板では執拗に攻撃するアンチ層も存在しているようです。

「ACAね」さんのことについてを整理する上で、やはりそちらについても気になります。

ずとまよに向けられた「嫌い」の実態とは何でしょうか?

声が特徴的

好感的に評価するファンやメディアからは、
透き通っているのに力強い」「安定感のある低音」「ハスキーなウィスパーボイス
といった、特徴的な声だと言われています。

一方特定の層では、
声がうるさい」「聞き慣れなくて気持ち悪い」「ボソボソしていて不快
などと、批判的なコメントが寄せられているようです。

「ACAね」さんのボーカルが、ずとまよを作っているのは確かです。

しかし、そのこと自体に、彼女の声がずとまよを貶めているといった意識が、
特定の層において流布されているようでした。

実際のところ、「ACAね」さんのボーカルに対して距離を置いている方も、
少なからずいるみたいです。

歌詞が独特

また、独特な言葉選びに対しても、
歌詞が理解出来なくて共感出来ないという声もあるようでした。

ずとまよの音楽はそのストーリー性から、
「主観的」な立場で作品のより深くへ潜り込んでいきます。

ただそれによって、
物事を一線で切り隔てて捉えていることから、考察や解釈を要することがしばしありました。

その点で言えば、確かに客観性が乏しいというのは、場合よって欠点とも言えるでしょう。

音楽に共感を求めている層は少なくなくありません。

映像と音楽の解釈が相互している ずとまよ の作品は音楽単体で見ると、
感情移入が困難になっています。

ずとまよの十八番と言える豊富なフレーズも、
情報量の整理に落ち着きが無いと思われているようです。

そこに音楽単体としての完成度が、少なからず示唆されていると思われました。

ジャンルと既視感

過去に一世を盛り上げた「ボーカロイド」の存在は、
次世代の若年層の音楽観を作り上げたと言って過言ではありません。

ずとまよの作品にも特徴や繋がりとして、共通している点が多々あります。

そのような音楽を手掛けているアーティストたちは、
SNSや動画サイトを通じて大きく名声上げた方が多いです。

そしてそれらに触発されて、後続のアーティストもより多く進出して来ました。

今では無名なアーティストから有名なアーティストまで、
数多くの作品がネットワーク上に出回っていて、いずれも気軽に視聴することが出来ます。

それからによる影響でしょうか。

一部ではどうもそういった曲調であったり、
「ボーカロイド」自体に食傷気味で毛嫌いされている傾向が見受けられました。

そのような既視感から他のアーティストとの差別化が出来ずに、
全体的にあやふやな、似たようなものと見て取られているようです。

「嫌い」の実態

「ずっと真夜中でいいのに。」は人気のアーティストです。

独自性の高い音楽に着目されて、
今では音楽業界の中でもひときわ目立っている存在となりました。

故に、目立つ存在だからこそ、近年の音楽に対する不満や批評の対象になっている

嫌い」と言われているのは、そのような理由が考えられます。

こればかりは仕方無いことですが、
人気の追い掛けの一端であれば、裏返しとして好感に捉えても良いかも知れませんね。

それはずとまよの人気の裏付けでもあるでしょう。

【『ずとまよ』の今後】音楽への思いについて

ここまでずとまよこと、「ずっと真夜中でいいのに。」の魅力について追ってきました。

しかし、その多くは推察と考察の繰り返しで、
断定的なことを伝えられたのは僅かな内容だったと思います。

それだけその魅力には、言葉では測り切れないものがありました。

ずとまよだけに関わらず、次世代音楽を担うアーティストたちは、
年々新しい音楽を生み出してくれることを期待され続けています。

そして評価と期待に対して、「ACAね」さんは何か思うところがあるのでしょうか。

最後に「ACAね」さん自身の声について、着目していきます。

音楽への思い

こちらは「ACAね」さんに対して行われたインタビューの内容です。

「あまり実感はないですが、そう言っていただけて有り難いです。
まだ生まれていない頃の音楽にも興味があって、
ディスコやファンク、ジャズやロックなど曲によって音楽的にこだわっている要素に気づいてくれた方々の投稿を見ると、教授や小説家の方々だったり、そういう方にも届いていることに驚きうれしかったです。
あと今でも、学生の頃の人との関わり方や、
目の前の決められたコミュニティがすべてだと思い込んで悩んでいた自分を肯定したいという気持ちが強いです。それが曲にも影響しているのかもしれないです」

出典元:https://www.vogue.co.jp/lifestyle/article/zutomayo-acane-interview

プロフィールで性格について記載出来ませんでしたが、
インタビューの内容からすると、
とても好奇心にあふれていて且つ音楽に対して熱心である方だと見受けられます。

また、路上ライブ活動をしていたことから、努力家だということも分かりました。

自分の音楽と名前、声が明るみにならない日々に苦悩していたからこそ、
彼女を人気アーティストへと押し上げた熱意と原動力がその思いの奥にあるのでしょう。

そして、同インタビュー記事にてこう明かしています。

「誰といても、ふとしたときに孤独を感じる。心地いいときと、どうにもならないときがある。
特に夜中。みんなもそうなのかなと思う」

出典元:https://www.vogue.co.jp/lifestyle/article/zutomayo-acane-interview

一人のアーティストとして、何気ない一言です。

そこに、ずとまよが語りたい言葉の全てが映し出されていると思えました。

今後について

その活躍以上に、今後についても気になります。

彼女が望むのならば、「ずっと真夜中でいいのに。」はどこにでも昇れるはずです。

そしてそのことについても語っていました。

「まだ行ったことのない都道府県や、人がいないような自然豊かな地域でもライブをしてみたい」

出典元:https://www.vogue.co.jp/lifestyle/article/zutomayo-acane-interview

より多くの人々に自分の音楽を知ってもらって、可能性を追求してみたいということでしょうか。

どこまでも好奇心にあふれていて情熱的です。

ずとまよとが支持されている要因の一つとして、
単純にその思いや情熱が音楽を通して、多くの人々に共感されているのだと改めて感じました。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

「ずっと真夜中でいいのに。」の魅力は、
音楽そのものをより素晴らしいものへと昇華させていました。

私自身調べていく中で、
「夜好性」の一端として純粋にずとまよの音楽を楽しめていたと思います。

「ACAね」さんついては、その経歴や素性はまだまだ謎が多いですが、
彼女の音楽に対する気持ちが一重に語れないものだというのは間違いないありません。

下積みを重ねていた時代から何か募らせていたものがあるのでしょう。

そしてそのことが、本記事を通して少しでも感じて頂けたならばこの上ないです。

今後の活躍が楽しみです。

最後まで見て頂き、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!

最新記事

目次
閉じる